奨学生活動レポート|student report

私は2014年にJOCエリートアカデミーに8期生として入校しました。
普段は、味の素ナショナルトレーニングセンターのアスリートヴィレッジで生活をしています。

1日の流れは、起床後に朝食や身支度を済ませ、8時20分に帝京高校へ登校します。15時に下校するとすぐに練習場へ向かいます。
質の高いコーチの指導の下、実力あるナショナルチームの選手の方々と練習を行います。19時に練習を終え、夕食を摂ります。その後、就寝準備を行い、この時間には自分で洗濯も行います。22時45分に携帯を預け、23時に消灯し体を休めます。
帝京高校では、アスリートコースに所属し、スポーツで自分の夢を目指す仲間たちと共に生活しています。クラスには私と違い団体種目の選手が多く、他競技の選手とのコミュニケーションが大きな刺激となっています。クラスの雰囲気も賑やかで、楽しい日々を過ごしています。

アスリートヴレッジでは、週に2回の英会話や、月1回の言語の指導を受けたり、自主的にトレーニングをしたりして、選手としての基礎能力を高めることに努めています。
練習漬けの毎日で大変な面もありますが、離れて暮らす家族や友達と連絡をとったり、一緒に暮らす寮生の友達や寮のスタッフの方との繋がりが、私の心の支えになっています。