奨学生活動レポート|student report

桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学してから早4年が過ぎ、現在は桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コース2年に在籍しています。
学校から実家までの距離が学年で最も近いという条件にも恵まれ、自分のペースで充実した生活を送ってきました。学校は早朝5時から開くので、毎日、特に実技試験前は早朝から練習部屋の争奪戦が繰り広げられます。僕自身も高校1年から早起きを頑張り、外がまだ暗い中チェロを背中に担いで4時43分の始発電車を目指して駅まで20分かけて歩き、5時からの朝練を続けてきました。

桐朋学園は仙川と調布に校舎があります。仙川校舎は地震が来ると大揺れをするような!?古い校舎でした。古いながらにも愛着があり居心地の良い校舎が好きでしたが、つい最近新校舎に生まれ変わりました。世界初の木造4階建ての校舎です!
校舎内はいたるところに木目が施されていて木の香りがします。校舎自体も呼吸しているかのように、学生の奏でる音を吸収しているようです。

木造4階建新校舎!

私はソロの活動以外にも、高校1年生から室内楽(主に弦楽四重奏)も積極的に学んできました。学年末の室内楽試験では毎年優秀者に選ばれ、4年連続桐朋学園室内楽演奏会に出演することができました。

調布くすのきホールでの室内楽演奏会

在籍しているソリスト・ディプロマ・コースは比較的自由が利くコースなので、音楽の勉強はもちろん、語学の勉強やコンサート活動などに集中することができます。
昨年は生まれて初めて海外を訪れてヨーロッパでのマスタークラスに参加、また今年は初めての国際コンクールにも参加しました。
そしてまもなく1か月間に渡り、公用語は英語であるという音楽フェスティバルにも参加します。語学はまだまだ自信がないのですが、近いうちに留学したいと考えているので、外国人とたくさんコミュニケーションをとりたいと思います。

少しずつ大舞台でオーケストラとコンチェルトを演奏する機会やリサイタルの開催、著名な音楽家の方々と室内楽を演奏する機会を頂き、本当に良い経験をさせて頂いています。多くの聴衆の前での本番は、練習だけでは分からないことも沢山学ぶことができます。

サントリーホールでのオケとの共演

学校がある仙川はとても素敵な街です。おしゃれなカフェでランチなども楽しめます。
私が好きなお店はラーメン屋!お昼は大好きなラーメンを食べてエネルギーチャージをしています。

大好きなラーメン

また、私は身体を動かすことが大好きなので、ジムで体を鍛えたり、友人とボウリングにもよく行きます。

私は来年の2月に20歳になります。息の長い音楽家になることを目指してこれからも精進していきたいと思います。