奨学生活動レポート|student report

中学生までやっていた、ラグビー 柔道をやめて正反対の競技と言っていいボートを始め、ようやく1年が経ちました。ボートをするために、高校入学と同時に地元を離れ、最初は不安だった環境にだいぶ慣れてきました。
この1年は、私にとってすごく充実した年でした。毎日の練習では、その日の良かった所、悪かった所を見つけ、少しでも早く改善しレベルアップできるように1日1日努力をしてきました。また、日本代表選手の合宿にも参加させてもらい、高校生の大会では、感じることのできない緊張感やスピードを体感でき、とても刺激を受けることができました。

ボートの練習はダムで行っており、同じ水域で3つの高校が一緒に練習をしています。その中に、高校トップレベルの選手がいます。私ここまで成長できたのは、その選手と切磋琢磨でき、お互い高め会うことが出来たからです。練習はきついですが、すごく充実しています。

今年は、U23の代表選手に選ばれることが出来なかったので、来年こそ選ばれるために、それに向けたトレーニングを始めています。
また、これから合宿や大会も増えてくると思うので、勉強も疎かにせず、ボートに出会え、いい練習をさせてもらえることに感謝し、東京オリンピックに向けてこれからも頑張ります!