江副記念財団とは|about

平成30年度 器楽部門 奨学生募集要項

平成30年度奨学生の募集は終了いたしました。

世界を志す音楽家募集:ピアノ、弦楽洋楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)

公益財団法人江副記念財団は、世界を志す若者を応援するという方針のもと、学術、音楽、芸術、スポーツの分野で、学びや技術修練の機会を創出するための支援を行っています。
若き音楽家を対象にした「器楽部門奨学生」制度もそのひとつであり、学業・技能・人格に優れ、かつ健康で、世界へはばたく意欲と可能性をもつ人材を選出し、奨学金の支給や演奏機会の創出などのかたちで支援を続けてきています。

平成30年度の器楽部門奨学生の募集要領は下記のとおりです


1.応募期間

2017年 10月16日(月)~ 2017年 11月10日(金)必着


2.奨学金の金額と給付期間

◆月例奨学金

海外留学 250,000円
国内在学 200,000円

◆給付期間

2018年4月~2019年3月(1年間)
・返済義務はありません。また卒業後の進路、就職先についての条件もありません。
・次年度以降については、1年ごとに選考を行います。
・原則、25歳となる年までを奨学金給付の対象とします。


3.募集人員

12名程度
(新規応募者および現役奨学生応募者から、奨学生に採択された方の合計人数)


4.応募資格

・1993年4月1日以降に生まれた方
・国内外の主要コンクールで上位入賞の実績を有する方、または同等の実力を有する方
・音楽大学(短大含む)または高等教育機関に在籍し、器楽を学んでいる方、
 あるいは既卒業者。およびその意思を有する方
・1年以内に留学する意志を有する方または留学中の方


5.応 募

当財団所定の「応募申込書」に必要事項を直接ご入力のうえ、下記のアドレス宛てにメールにて送付してください。

当財団所定の応募用紙→書式ダウンロード

公益財団法人江副記念財団事務局
E-mail「jimukyoku@ezoe-mf.or.jp

※なお、ご提出いただいた応募書類は返却いたしません。

【応募締切日】2017年 11月10日(金)必着


6.選考方法

書類選考の上、通過された方には面接および実技審査を行います。
・12/20(水)、12/21(木)のいずれか一日に行います
 どちらの日でも参加可能なようにご準備ください。
 時間等詳細は追って連絡します。(会場:東京文化会館)
・曲目は自由です。演奏持ち時間は15分以内とします。
・伴奏者を必要とする場合はご自身で手配してください(伴奏者の方の交通費負担を含みます)。


7.選考スケジュール

10/16(月)~11/10(金) 募集期間

12/20(水)、12/21(木) 実技審査および面接(いずれか一日)
             会場:東京文化会館 ※書類選考通過者のみ

12月下旬~2018年 1月上旬 奨学生決定/通達


8.選考委員

堤 剛    (チェリスト、サントリーホール館長)
原田 幸一郎 (ヴァイオリニスト、桐朋学園大学特命教授)
江口 玲   (ピアニスト、東京藝術大学准教授)
釘崎 広光  (当財団評議員)


9.個人情報の取り扱い

応募者の個人情報につきましては、選考審査の実施に必要な範囲に限り使用させていただくとともに、法令の定めるところに従い適正な取り扱いを行います。


10.その他

・当財団からの奨学金と重複して他財団の奨学金を受けられても差し支えありません
・給付に先立ち、「誓約書」等の書類を提出していただきます
・奨学生には毎月、活動レポートを当財団宛てに提出していただきます
・奨学生には2018年12月15日(土)に開催する「江副記念財団リクルートスカラシップコンサート」に出演いただきます
・審査の結果、不採択となった場合、不採択の理由は開示しません
・実技審査・面接の際の応募者ご本人の旅費交通費は当財団で負担します


11.問い合わせ先

応募に関するお問い合わせは、メールにて下記までお願いいたします。
※電話でのお問合わせは受け付けていません。

公益財団法人江副記念財団 事務局
E-mail「jimukyoku@ezoe-mf.or.jp


【参考:江副記念財団器楽部門奨学生】
30回生 佐藤勝重(ピアノ)、成井和香(ピアノ)、松本隆彦(ピアノ)
31回生 中野翔太(ピアノ)
32回生 大坪由里(ピアノ)
33回生 イム・ドンヒョク(ピアノ)
34回生 田村 響(ピアノ)
35回生 高木竜馬(ピアノ)、宮田 大(チェロ)、佐藤俊介(ヴァイオリン)
36回生 北村朋幹(ピアノ)
37回生 黒川 侑(ヴァイオリン)
40回生 二甁真悠(ヴァイオリン)
41回生 弓 新 (ヴァイオリン)
42回生 岡本侑也(チェロ)
43回生 城戸かれん(ヴァイオリン)、阪田知樹(ピアノ)、山根一仁(ヴァイオリン)
44回生 桑原志織(ピアノ)、坪井夏美(ヴァイオリン)、二瓶真悠(ヴァイオリン)、上野通明(チェロ)
45回生 小林海都(ピアノ)、水野優也(チェロ)、毛利文香(ヴァイオリン)
46回生 北川千紗(ヴァイオリン)、周防亮介(ヴァイオリン)、反田恭平(ピアノ)、
    務川慧悟(ピアノ)、森山まひる(ヴァイオリン)、吉田南(ヴァイオリン)