江副記念財団とは|about

平成29年度 奨学生募集要項(学術部門)

平成29年度奨学生の募集は終了いたしました。

世界を志す学術部門奨学生募集

公益財団法人江副記念財団は、我が国の学術、芸術、スポーツの向上を図るため、学業・技能・人格に優れ、かつ健康で向上心旺盛な方に対して奨学金を給付し、もって我が国の 社会ならびに芸術文化の振興・発展に寄与することを目的としています。


1.応募期間

2016年10月17日(月)~2016年11月25日(金)必着


2.奨学金の金額と給付期間

◆月例奨学金

海外留学

250,000円

◆給付期間

初回:2017年4月~2019年3月(*ただし、海外の大学入学後からの給付となります)
次年度以降:更新審査を経て、最長で海外大学在籍中は給付します(*ただし、給付は25歳となる年度まで)

返済義務はありません。また卒業後の進路、就職先についての条件もありません。


3.募集人員

6名以内


4.応募資格

・1992年4月1日以降に生まれた方。
・海外への大学・大学院等への進学を志す方で、当財団が助成を行っている事業活動へ参加し、
 主催団体からの推薦を受け、当財団奨学生応募の意志を有する方。
・将来「グローバルでの活躍」、「社会課題への解決」に対して意欲を有する方。
・2017年4月以降2018年3月までに海外教育機関等への留学を志されている方。


5.応 募

当財団所定の「応募用紙推薦書」に必要事項をご記入のうえ、下記提出書類を同封のうえ当財団事務局までお送りください。
応募用紙の書式ファイルに直接ご入力のうえ、提出書類とともに後記の事務局アドレスまでお送りいただいても構いません。

【提出書類】
 ・当財団所定の応募用紙
 ・エッセイ(日本語で1400~2500字程度)
  以下のテーマより選択すること
  ・自分のアイデンティティー形成に最も影響した経験・体験
  ・これまでの最大の挑戦とそれによって得たこと
  ・これまでの最大の失敗とそれによって学んだこと
   *または、海外大学受験にあたり提出したエッセイでも可(日本語へ翻訳すること)
  ・当財団が助成を行った事業活動主催団体の推薦書

※なお、ご提出いただいた応募書類は返却いたしません。

【応募締切日】
2016年11月25日(金)必着


6.選考方法

書類選考の上、通過された方は選考委員による面接審査を行います。


7.選考スケジュール

10/17(月)~11/25(金) 募集期間

12/9(金)、12/11(日)、12/12(月)、12/13日(火)、12/14日(水) 選考面接日
※書類選考通過者のみ(どちらの日でもご参加可能なようにご準備ください)
※時間等詳細は追ってご連絡いたします。

12月下旬~17年1月上旬 奨学生決定/通達


8.選考委員

吉田 弘和(BNPパリバ証券株式会社)
山口 亜希子(株式会社書肆アルス代表取締役)
狩野 みき(慶應義塾大学/聖心女子大学/ブレイク・スルー大学 講師)
長嶋 由紀子(株式会社リクルートホールディングス 常勤監査役/当財団評議員)
花形 照美(株式会社リクルートホールディングス エグゼクティブ/当財団評議員)


9.個人情報の取り扱い

応募者の個人情報につきましては、選考審査の実施に必要な範囲に限り使用させていただくとともに、法令の定めるところに従い適正な取り扱いを行います。


10.その他

・当財団からの奨学金と重複して他財団の奨学金を受けられても差し支えありません。
・給付に先立ち、「誓約書」等の書類を提出していただきます。
・奨学生には毎月、活動レポートを当財団宛てに提出していただきます。
・審査の結果、不採択となった場合、不採択の理由は開示いたしません。
・留学志望校は3校までとし、合格できなかった場合は採用を取り消します。
・審査の際の旅費交通費は当財団でご負担いたします。


11.問い合わせ先

応募に関するお問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
jimukyoku@ezoe-mf.or.jp


12.書類提出先

公益財団法人江副記念財団 事務局
105-0003 東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル208
E-mail: jimukyoku@ezoe-mf.or.jp